社会人副業 FXはお金が無いから始めたサラリーマンブログ(BO編)

あんちゃん です💛

 

社会人ともなるとサラリーに依存する生活

なるのが一般的です。

しかし、本当にそれで良いのですか?…という事。

私もサラリーマンを20歳から始めて通算で

24年にもなります。

全く、現状には満足できておらず我慢とストレスの日々でした。

毎日行きたくもない会社へため息をつきながら

朝家を出て出社しタイムカードを押す。

そして、毎日10時間もパソコンに向かい残業をして

家計を盛り立てようもがく毎日です。

周りを見ると出世に必死になる同期や先輩、そして

新戦力の後輩への焦り…。

しかしながら、全く好きになれない現状の業種なので

仕事のレベルは低下する毎日。

この仕事に夢中になり一生懸命勉強し、この仕事で

喰っていくという10年前の姿は、もはや無く現状は

どうやったらこの仕事を辞める事ができるのだろう…」と

考える毎日です。

その辞めるには…単純に辞表を出して辞めるという事では

なく、辞めても食べていける環境を作るにはどうしたら

良いか?という事を申しております。

短気をおこして会社を辞めるのは簡単ですが

辞めても家族を養える環境が無い事には、今の

やりがいの無い毎日から解放される事はありません。

そんな状況下の中で、私なりに副業の成功があれば

会社を堂々と辞める事ができるという事は以前から

気付いており、本職の仕事より夢中に副業探しを

してきました。

その中での一つの選択肢として「為替取引き」という

ものがあります。

家計を潤す事が最優先事項でありますので初期投資

家計から出す事はタブーである事を前提として活動

してきました。

それではどうぞ、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

◆為替取引の種類

私が行ってきた為替取引きとは

バイナリ―オプション

FX(外国為替証拠金取引)

…です。

ま、代表的な副業の一つですね。

誰もが知っていると思います。

ちなみに株取引は今までの活動の中からは

除外してきました。ちょっと資金が必要なのですよね。

個人の見解ですが、株取引での収益率は「数%」なので

大きな資金が無いと収益化にはなりません。

そこで、資金効率の良いバイナリ―オプション」と

FX」に行き着いたという事になります。

 

◆バイナリ―オプション

まず、バイナリ―オプションについてですが

代表的なバイナリー業者は

ハイローオーストラリア」になります。

優良企業なので、出金もきちんとしてくれますし

大金を入金しても詐欺まがいの被害に会う事は

ありません。逆にこの業者以外は使わない方が

良いでしょう。

このハイローオーストラリアはオーストラリア金融局

直下にて運営しておりますので、信用力は高いです。

この業者以外の海外ハイロー業者は結構存在する

様ですが、まず「止めた方が良い」でしょう。

ハイローで取引きするなら「ハイローオーストラリア」が

お勧めです。私も2年運用しておりますが問題は一切ありません

 

バイナリ―オプションでの収益化について

バイナリ―オプション収益化を達成するには

時間取引きをどれにするか?にかかってきます。

ハイローオーストラリアでは指定した時間後に

現在の指値より「高いか低いか」を当てると

その時間取引きに応じた「倍率=オッズ」を取得できます。

そのオッズにエントリー金額をかけて回収金額が

算出される仕様になっております。

取引時間は、取引きタイプにより決まっておりまして

大きく分けて下記の2点が取引き対象となります。

 

HighLow

Turbo

 

しかし、②Turboは最短30秒後の価格を予想するので

ほぼ「ギャンブル」であり予測不可能です。

運ゲーになるのでお勧めしませんがオッズは「最大の2.00倍」となり

魅力的ではありますが、資金を溶かすだけなので止めましょう。

 

バイナリ―オプションで収益化を達成するには①HighLow

15分取引きがベストです。

15分取引きでのオッズは「1.88倍」です。

1万円エントリーすれば回収金額が「18,800円」の

利益が「8,800円」になると言う事です。

 

最大で15分後の価格を予想する事になりますが

ある程度の差益を見込める相場になるのを待ちつつ

ベストなタイミングでエントリーをすれば勝率は「60%」には

持っていけます。

よく他のサイトで「勝率90%」とか「絶対稼げる」とか

「10万円を1000万円にする方法」等と見かけます

絶対稼げる様な、相場は甘いものではありませんのでご注意を。

しかし、勝率「60%」には間違いなく持っていける

取引きではありますので、肝心の「収益化」にはなります。

オッズ1.88倍の収益化勝率ボーダーラインは「54%」ですので

「60%の勝率」があれば資金は右肩上がりに増えていきます。

 

 

 

 

しかし、これは徹底した資金管理をした場合に限ります。

基本、バイナリ―オプションは買った負けたを繰り返し

資金を増やしていく取引き方法になりますので

エントリー金額は「資金の3%」を上限とする事に徹底しないと

破産します。間違いなく、破産です。

だいたい、資金を溶かす人というのは下記に該当する人です。

 

●破産該当者

 ①資金の3%以上でエントリーする人

 ②酒を飲んで相場に挑む人

 ③一度負けると次のベストなエントリータイミングまで

  待てずに無理なエントリーをする人

 

ま、だいたいこの3項目が有名所でしょう。

 

資金の3%以上でエントリーする人

より多くの利益を取りたい為に、10万円の資金で

1回あたりのエントリー金額を「5万円」とか無謀な取引き

すれば、1回負けると残りの資金が当初の50%となってしまいます。

この時点でメンタル的にも焦りが出て「すぐに取り戻さなくては…」と

いう気持ちが強くなります。一度位負けても平常心

勝率60%あるのだから、次のチャンスを待つ…という気持ちが

非常に大切です。

 

酒を飲んで相場に挑む人

次に、酒を飲んで相場に挑む人…。これ最悪です。

サラリーマンであれば仕事から帰ってきて

お風呂入って、晩御飯食べて、相場に向き合えるのは

20時以降かと思います。

そうすると、ちょうど晩酌が美味しい時間帯ですね。

でも、酒の力というのは小心者も奮い立たせる程の

力を養う事ができるのをお忘れでしょうか?

酒を飲んで相場に入ると「気持ちが大きくなってしまい

恐怖心が薄れます。よって、普通では考えれない様な所

エントリーをしたり、一度負けると気持ちが大きくなって

いる事とヤケになる事が加わり、無理なエントリー

しがちになります。

必ず破産をするので止めましょう!

そもそも、大切な資産を増やす事を目的として選んだ

投資家の道ですので「これも仕事」です。

あなたは、会社の勤務中に「酒を飲むのですか?」

考えられませんよね…。

私はお酒大好きでして、ほぼ趣味化しておりますが

土日迄飲みません。腹も凹むし、健康には良いし

何より収益化に結び付くのですから、メリットが多すぎます。

そして「土日」の楽しみとして晩酌は取っておきます。

それ位に「相場」というのは楽しい仕事です。

皆さんも早く「相場を楽しめる域」に達して下さい。

 

一度負けると次のベストなエントリータイミングまで

  待てずに無理なエントリーをする人

自分で立てたマイルールを守る事が大切です。

エントリー箇所は「一切妥協をしない」事が大切です。

その妥協をしないエントリー箇所が来て大チャンスの

状態となっても「負ける時は負けます…」これが相場です。

絶対はありません。

しかし、それでも「またチャンスは必ず来ます

待つも相場」です。待つのも仕事なんですね。

焦ってエントリーをして資金を減らして「後悔」するより

待つ時間を有効活用して「趣味」にあてる等した方が良いでしょう。

 

必要資金

バイナリ―オプションであれば、必要資金は

10万円が最低あれば問題無く取引きできるでしょう。

できれば「20万円」あるとエントリー金額を3%として

「6,000円」になりますので毎回切りよく「5000円」の

掛け金で運用できます。

5,000円×1.88倍=¥9,400 【利益¥4,400】

日に¥4,400稼ぐにはバイトの時給相場で1200円位とすると

4時間は労働しないと稼げない貴重な金額になります。

大きいですよね。

これで勝率「60%台」に持っていければ

1ヶ月間を20日稼働とすると「おおよそ¥52,800/月」の

収益となります。回収率としては「129%」となりますので

全く問題ありません。

目先は「1ヶ月間の損益」です。さらに「1年間の損益」

向上を目標として運用するのが重要になります。

しかし、これは毎日エントリーできての話です。

実際は「1週間エントリーチャンスがなかった」等…

普通にあります。このエントリー回数を考慮して

実際の運用資金をどうするか?を考える必要があるでしょう。

重要なのは「勝つ事」ではなく「負けない事」であり

負ける回数を減らす事」です。

頑張っていきましょう。

 

次回は、FXについて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA