ボートレース 本当の当日予想の仕方

あんちゃん です

ボートレースライフはいかがお過ごしでしょうか。

現在の季節は11月末ですので冬到来となります。

冬ともなれば、気温は低下しますので逆に機力は上がります。

スロー勢有利な季節がやって参りました。

本命党の有利な季節ですので、どんどん払い戻しを

受けていきましょう!

それでは、本日は「本当の当日予想の仕方」を伝授させて頂きます。

スポンサーリンク

◆当日予想について

競艇の予想の基本として小生は

前日予想と当日予想を組み合わせる事を

推奨しております。

前日予想とは、主に得点率順位を見れば

どの選手が好調であるのか?が一目瞭然で

認識する事ができます。

そして、当日予想とは当日の展示タイムで

選手の当日の好不調の度合を認識する事を指します。

前日で得点率順位が上位であっても

当日の実績は振るわないケースは多々あります。

その為に、得点率順位のみで予想をする

前日予想で舟券を買うのは危険であるという事になります。

◆当日予想方法について

それでは当日予想方法について説明して

参ります。

当日予想ですので、出来る限りの当日の

データ・情報を集める所から入ります。

まず、必要な最低限の情報としては下記になります。

・出走表

・得点率順位

・展示航走

・当日の天候

上記の4項目がメインとなってきます。

●出走表について

この出走表を見ないで舟券を買う人は

いません。というか、出走表を見ないと

舟券予想はできません。

この出走表の見るべき箇所を説明して参ります。

下記の出走表を例としてご覧下さい。

 ≫出走表

まず、①の階級です。

A1級だから買う…という事ではなく

主催者側の番組構成の意図を読むために

どのコースに、どの階級の選手を置いているのか?を

認識します。

これを認識する事で主催者側の番組構成担当は

どういう展開になってほしいのか?というのが

読み取れる事になります。

基本のシナリオを書いて番組構成はされますので

その基本シナリオをイメージして予想をすれば

自然の流れに逆行する様な予想をしなくて済む事にも

つながります。

次に②の「フライング・出遅れ」の反則回数です。

俗にいう「F持ち」であるか否かという点ですね。

ご存知の通りに、F持ちであればスタートが怖くなりますので

心理状態は非常に逼迫している状態であると

推測できます。

そうすると、スタートの出遅れにつながりますので

その艇を頭固定で買う事はリスクになります。

しかし、F1程度であれば問題視はしません。

問題なのは「F2」の選手です。

 ≫フライング・出遅れについて

次に③の勝率ですね。

全国と当地との2種類が載ってます。

ポイントは全国より「当地の苦手意識があるか」という点です。

全国勝率はだいたい、階級に比例します。

階級が高い選手は自然と全国勝率は高くて当たり前ですね。

その為、当地の勝率に注力します。

A1級選手で当地の勝率が低いのであれば

波乱の展開になる可能性もあるという事ですね。

次に④のSTタイムです。

スタートタイムを見る事で今節の

各選手のスタートの好不調が判断できます。

好調選手とする範囲は「0.00~0.15」迄ですね。

「0.15~0.18迄」のスターとタイムである場合は

まあ普通という感じで、「0.19以降」の場合は

全く走ってないと判断すべきでしょう。

今回の1号艇の選手は初日は「0.25、0.27」と最悪ですが

2日目で「0.12」という実績を出しており、スタートタイミングに

修正をかけてきているという良い状態である事が分かります。

STの推移も見る事が重要です。

出走表を見る場合の重要項目はこの4点になります。

え!…モーター勝率見ないの?と気付かれた方もいると

思いますが「見ません…」必要ありません。

はっきり言って、意味ないと思います。

モーター勝率なんて、B2級選手がメインモーターを

抽選で当てたとしても、上位にくい込みるという保証は

全くありませんので。

よく、モーター勝率が良いから…とか

モーターが走っているから…とか言う理由で

舟券買っている動画を見ますが、関係ないし…と

思います。結局はどういう結果が出ているか?に

注目すれば良いので、モーターの調子は勝率で判断するのでは無く

今節の調子に反映されてきますから、調子を見れば良いのです。

4号艇を見てください。モーターの2連率・3連率の調子は他艇に

比べて良いですよね。しかし、実績の順位は不調です。

しかも、1コースで逃げ切れていない…という結果です。

今節の調子はモーターだけでは判断できません。

そこに組み合わせる「ペラ」の調子がマッチして

初めて好不調が表れてくるのです。

モーター勝率だけで判断するのは間違いの素です。

●得点率順位

以外に知られていないが、超重要項目である

この得点率順位。

一般戦では公表されていないので情報が取りにくいのですが

ちゃんと情報を取得できます。

必要な方は問い合わせフォームより

得点率順位の情報取得方法を知りたい!…と

送って頂ければ、個別に対応させて頂きます。

 ≫お問い合わせフォーム

この得点率順位を見れば、今節の調子を一目瞭然で

認識する事ができます。

必須情報となります。

●展示航走

次に当日予想をする際の必ず見なくてはならないのが

展示航走ですね。

以外に見ない…という方がいらっしゃいますが

小生からすると何故?と思います。

大切なお金を賭ける以上、実際に走る姿を

事前に見る事ができる唯一の時間ですから

見ましょうね…。

そこで、以外に間違っている展示航走の見方があります。

まず、スタート展示で見る箇所は「進入コース」で合って

スタートタイムではありません。スタ展のSTなんて

全く見る価値ありません。

選手が本気で踏み込んでいないので何の参考にもなりません。

重要なのは「進入コース取り」です。

本番が枠順通りの進入で無い場合は、このスタ展で既に

兆候が出ます。スタ展で前付け等の動きがあった場合には

枠順通りのスタートはされない可能性が高いので

小生は見送ります。

次に見る箇所は「行き足」です。

STラインを超えて、1マーク直前までの伸び足の事を

行き足と言います。

この行き足が無いと、STライン通過後のフルスロットル状態で

他艇にまくられてしまいます。

●周回展示

次に見る箇所は「周回展示」です。

各艇のターンを見ます。

見るポイントは、バタツキ感が無いか?

ターンマークを外していないか?

立ち上がりは力強いか?…という点ですね。

ここでは「ペラ」の調整力を見ます。

バタツキ感があると、ペラ調整が上手くいっていない可能性が

あります。

立ち上がりは機力に左右されます。

ターンマークは軌道を見れば分かりますね。

次に、当日の天候です。

これ重要ですね。

競艇のボートは風の影響を大きく受けます。

追い風・向かい風で各コースの影響の受ける度合が

全く異なります。風が出れば当然波も高くなります。

風速4M以上の天候であれば、無理せず見送りを

お勧めします。

又、風速よりも波高の方にも注意が必要ですね。

次回は、展示タイムの見方について

書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA