負け恥をさらすFX個人投資家の一週間(‘20.2月10日~2月14日)

あんちゃん です

 

今週も踏ん張りました、頑張りました。

日中仕事に明け暮れ、帰宅し愛娘を風呂に入れ

愛妻が作る晩御飯を早々とかっこんで

札束を握りしめた殴り合いの戦場である「相場」へ向かいます。

命あるだけマシであり、生き残る事に意味がある。

生き残るには先週の負け恥をさらし同じことを

やらなければ良いだけ。だから共有します負け恥を…。

 

どうも、あんちゃんです。

‘20.2月10日~2月14日のFX報告ブログです。

 

スポンサーリンク

◆2月10日(月)の負け恥

 1)通貨ペア選定 

  相手はAUD/JPYです。本日はAUDが強い相場である事が

  この通貨を選んでいる理由です。

  1月末に72.42の直近では最安値を付けてからの

  上げ環境から2月10日は73.087からの始値。

  日足ではこんな感じです。

   ≫2/10日足

  ん~…何の参考にもならない感じ。

  ま、環境認識は大切ですからね。やる事だけは

  プロを意識します。

 

 2)エントリー

   ≫エントリー箇所(5分足)

  5分足大陰線からのレンジ下抜けを予想し

  ショートポジションを持ちました。

 

 3)結果

   ≫結果

  -11pipsでビビって損切…。

  だから、AUDが強い相場なのに

  なんでショートで入るかな?…と後悔しても

  先に立たず。

  そして、今度はロングのポジションを持つ。

  だって、AUDは今日は強い相場なんだから!

  というのが根拠…。

  そして結果です。

   ≫結果

  きゃーあああぁぁぁぁぁ。って、おい!

  なんでやねん。

 

 4)総評/反省

  反省ならばサルでもできるのですが

  成長する為には、人間も時にはしなくてはなりません。

  要するに、最初っから!ショートで良かったやんけ!!

  …という事です。(取り乱しました…反省)

  まず、冒頭の意味のない(あるけど…)日足の確認よりも

  スタイルがデイトレ~スキャルピングに近いので

  5分足~時間足で見れば良かったのに(いつもそうしてるのに…)

  なぜか、格好つけてさ「日足なんか見てんねん…!」という

  事だそうです。(って他人事???え?…)

  あ、ちなみに私(わたくし)はバリバリの「関東人」で

  ございますが怒ると関西弁になる場合がありますので

  何卒、ご了承くださいませ。

  まずですね、下記の画像を見てください。(おねがいします!!)

   ≫みてほしい画像

  まず、1回目のショートエントリーの手前で

  ダブルトップを形成しております。ここのラインは

  実は「前日安値」なんですね。

  (正確には先週末の7日(金)の安値)

  そこで10日(月)の東京市場開けにて一気に

  買いが爆裂したので、AUDは強いと安易に判断した為

  買いしか入らない宣言!!は間違いなんですね。

  …で結局は、1回目のショートを「ガチ保」していれば

  2回目の損切箇所までで「28pips」も獲得できたという

  お話でした…。(めでたし、めでたし)

  やっぱり、Wトップ・Wボトムは相場が教えてくれる

  強い示唆であると認識しております。

  最悪の往復ビンタでした。

 (あ~…痛かった、ほっぺたパンパン)

 

◆2/11(火)の負け恥

 1)通貨ペア選定

  はい、本日はGBP/AUDとなります。

   ≫5分足

  5分足チャートでは、前日安値で

  トリプルボトムを作って反発しております。

  この先、どうなるかは私の人生に似ており

  お先真っ暗です。

  GBP/AUDを選んだ理由は「GBPが弱いから…」

  ただ、それだけです。

 

 2)エントリー箇所 

   エントリー箇所

  エントリー根拠はGBPが売られている相場で

  AUDは大きく上げ相場である事から、この

  陰線を機にさらに下げると予想。

 

 3)結果

  そして15分経過しました。

   ≫15分経過しました

  おー~…!現時点での獲得pipsは「8pips」です。

  これはもう少し様子見ですな。

 

  20分が経過しました。

   ≫20分経過

  ん?…5分足の陽線が確定したか…。

  ま、まあ様子見だな。

 

   ≫25分が経過しました

  よし、レジスタンスラインで反落して、戻り売りだね。

  ここはナンピンだ!(…という事でショートポジションを追加)

 

   ≫それから45分が経過

  はあ、はあ、何か具合が悪くなってきた…。

  まさか、レジスタンスラインも超えるなんて

  まずい、損切ラインまであと「6pips」しかない…。

  現時点で、1回目(-26pips)で2回目(-25pips)で

  合計-51pipsも含み損抱えてるぞ…おい!戻ってくれ~…。

  ぽんちゃん!頼むよ~…!!!

 

   ≫35分が経過しました。

  お~…!!!ぽんちゃん戻ってくれたよ!

  ありがとう!このまま「プラ転域」を目指して

  耐え抜くぞ~…!

 (1回目のポジションから1時間45分が経過)

 

   ≫45分が経過しました。

  ズーン…………。あ、間違えた ガーン………………。

  そ、損切りって。

  きゃああああぁぁぁぁぁぁぁ…~。

 

 4)総評/反省

  パワーバランスとしては「GBP<AUD」という相場でした。

  売りをベースにポジションを持つ事を前提に

  しておりましたが、1回目のポジションを持ってから

  利確箇所も決めておりました。

   ≫まとめ画像

  トリプルボトムを機に反発をしてからレンジに突入を

  した所でのエントリーという事もあり

  売りをするにも入るべき箇所をもう少し引き付けて

  入るべきである相場です。

  そもそも、1回目のショートポジションでは

  リスクリワードが合っていないです。

  利確側までは10pipsですが

  損切りまでは-25pipsもあるという事なので

  8pipsの時点で薄利逃げをすべきであったという事であるし

  そもそも相関ある通貨ペアの動きが揃っていないのに

  その通貨グループで入るという事もリスクを自ら大きくしている

  という事でした。

 

先週の反省点でした。

これを生かし、この反省点をしないエントリーをすれば

FXは常勝間違いなし!!

 

それでは、また来週です。

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

ポチっとすると幸運の女神が降臨するかも…しれません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA