FXマイルールを破ると相場に罰金を収めなくてはならない 負け恥をさらす個人投資家の一週間(‘20.4.6~4.11迄)

今週も踏ん張りました、頑張りました。

日中仕事に明け暮れ、帰宅し愛娘を風呂に入れ

愛妻が作る晩御飯を早々とかっこんで

札束を握りしめた殴り合いの戦場である「相場」へ向かいます。

命あるだけマシであり、生き残る事に意味がある。

生き残るには先週の負け恥をさらし同じことを

やらなければ良いだけ。だから共有します負け恥を…。


どうも、あんちゃんです。

‘20.4月6日(月)~4月10日(金)のFX結果報告ブログです。

スポンサーリンク


◆今週の負け恥


●4月6日(月)

 AUD/JPY:MT4時間4/6(16:00)

(5分足)

AUD/JPYは短期足でも下記の1時間の長期足でも

上昇トレンドである所に、Wトップを

作ってきた。

(1時間足)

そして赤の縦線箇所でショートで入りました。

WトップはWボトム同様に基本中の基本だが

本当に相場は良く反応する形でありますね。

私は好んで見つけ次第に入るかどうかの

精査に入ります。

…が、結果は次の5分足で被せられてしまい

損切り。これはマイルールで良いのですが

その後の陰線で入りなおす事が必要。

しかし、入らず仕舞い。その理由は

 逆張りだったから…

このトレンドに逆行するWトップは

そのまま持っていかれる事は多々ありますので

1回目の陰線では下がり切らない可能性が高い

のです。

その為…

 最初っから入らないか

 入るのであれば2回目の陰線も入る

…という2パターンに徹しなければならない。

そもそも、下降トレンドしかやらないという

マイルールも破っているという事での

中途半端な負けとなりました。

 

●4月6日(月)

 USD/JPY:MT4時間4/6(16:00)

(5分足)

上記足でショートの根拠は

15分MAにぶつかったタイミングであり

下降トレンドである事からの順張りを

意識した事です。

しかし!これは大きな大間違いトレードである。

(1時間足)

こちらが1時間足だが、長期足では

大きな上昇トレンドの真っただ中でした。

それもチェックせずに短期の下降も

押し目買いのタイミングに

まんまと引っかかった訳で…

 完全なる養分である

ショートを持つのであればチャネルも

割り、高値も更新できなかった

次の陰線でショートが正解という訳です。

これは完全に…

 Wトップ

要するに、知らずの内に

 逆張りしてたの…

そりゃ~…持っていかれるよ。

 

●4月6日(月)

 AUD/JPY:MT4時間4/6(17:05)

(5分足)

こちらは、前回高値の水平ラインを

意識しショートを入れるも上抜けされた

場面。

これも同様に逆張りが原因。

(1時間足)

1時間足では大きな上昇トレンドでも

ありチャネル上では、ど真ん中。

ここでショート入れるは

 あまりにも無謀すぎる

…トレードでした。

しかも、この水平線だけに目が行ってしまい

ドテンをするしまつで何と

 トリプルびんた

…を喰らいました。

 ショートって、あ上抜けする!

 ドテンでロング!
 ってあ!…戻りやがった!
 やっぱりショートじゃ!!

アホすぎる…目も当てられない。

これが、ドアホのFX!

 

●4月6日(月)の結果

はい、6日の結果です。

 月曜からやっちまった・・・

先週の金曜の鬼挽回で取った

利益を…

 吹っ飛ばしちゃった…

今日のドアホエントリーを除くと

この結果です。

 プラス¥4,955…という結果

目標の日当額がほぼ達成という結果だった

だけに、本当にドアホエントリーが

悔やまれるという日でした。

あ~もったいないオバケ。

 

●4月7日(火)

 GBP/USD:MT4時間4/6(18:40)

(5分足)

エントリー根拠は

1時間MAにぶつかったタイミングでなので

下落すると予想。

相関あるGBP/JPYも同様の形。

ポンド系のシンクロ発生につき

テクニカルが効きやすい状態と見ているが

 上抜けされた~…!!

理由は長期足の水平ラインに若干

届いておらず、反発箇所としては

もう少し上であったという事でした。

(1時間足)

少しの差の様に見えるが

その差はなんと!

 22pipsも先!

…にある水平線での反発でした。

きっちりと待てる人にならないと

ダメなんだよな~何度言ってもダメか?

 

●4/7(火)

 GBP/JPY:MT4時間4/7(13:05)

(5分足)

これもWトップを根拠にショートを

入れているが長期足では下記に状態。

(1時間足)

大きな上昇トレンドで

チャネルのど真ん中でのショートは無謀という

結果。

 


●4月7日(火)

 GBP/JPY:MT4時間4/7(15:30)

(5分足)

こちらのエントリー根拠は

下降トレンドにつき、15分MAに

ぶつかっているタイミングの為

トレンドに合わせての順張りでショートを

持ったタイミング。

 

(1時間足)

1時間足で見てみると、チャネルに沿って

ずっと切り下げてきているが

切り下がらない箇所から上昇トレンドへ

転換しているのが分かる。

このタイミングでショートを入れているので

結果は…

 上抜けされた!!!

…という事になるのが当たり前。

 

●4月7日(火)

 GBP/JPY:MT4時間4/7(18:30)

(5分足)

ここのラインでのショートは

絶妙であるが同時に微妙でもある。

結果としては少し早いので負けたという所。

しかし、この理由は負けを無理やり正当化しているだけ。

理由は長期足を見てみましょう。

(1時間足)

1時間足では大きな上昇トレンドで

エントリー箇所はチャネルの真ん中なので

どちらに転がってもおかしくない場所であるが

強力な前日安値の水平線に当たっている箇所でもある。

その為、一旦下降するか?どうか?といった場所です。

私はここで、また方向性を見失ったという事が

大きな敗因です。

ここで正しい対応方法は上昇トレンドなので

 買いに徹する

…という事が正しいでしょう。

それか、2回目の陰線で再度入り直しをする事。

とりあえず、方向性を見失ってはダメ。

 

●4月7日(火)

 GBP/JPY:MT4時間4/7(17:00)

(1時間足)

少し時間を戻して今回は1時間足から

見ていきます。

これは、赤ラインの縦線でロング

ポジションを持ったタイミングです。

この時の私は…

 上抜けする!!

…と見ておりました。

大きな上昇トレンドであるので

間違いではありません。

しかし、チャネルと水平線が重なる

重要なタイミングでもあるという点を

見落としました。

(5分足)

5分足でチャネルを引き直しますと

ちょうどチャネルと水平線が

重なります。

これは強い根拠になるので、こういう場合は

 逆張りショート

…をすべきであったと反省ですね。

 

●4/7(火)結果

 マイナス¥6,594

もう、今週はだめだ…

そして、反省会を実施して無駄なエントリーを

省くと下記の結果になる訳で…

   プラス¥14,080

ほしい、喉から手が出るほど

ほしい…

 

●4月8日(水)

この日から扱う通貨ペアを絞り込む事としました。

あちこちの通貨に手を付けるなんて事は

そもそも、経験の浅い私には無理がある訳でして…

億トレーダーの成功者に共通する事が一つあります。

それは…

 手法は変えず、シンプルに

…という事なんですね。

そもそも、私はノウハウコレクターに陥り

大きな損失を抱えてしまった訳でして。

これを改善するために、毎週反省会を実施しつつ

ブログを書いており、共有させて頂いております。

その為、ノウハウは絞り込んでの3週間目ですが

3週目に際して、損失をこうむっております。

長期足のトレンドは確認する事は条件として

あげておりますが…

 見方が違っていた…

…という事が現時点で分かりました。

長期足のトレンドの見方が間違っている事は

今、気付いている事なので次週に改善した

トレンドの認識方法を取り入れますので

これはノウハウの追加ではなく…

 軌道修正である

…という事になります。

 

●4/8(水)

USD/JPY:MT4時間4/8(13:05)

(5分足)

 

USD/JPYをレンジの真っただ中で入りました。

根拠としては…

 完全に誤解トレード

…をしてしまった感じです。

(今、思うと…)

と言うのも、今回から開始した新たな手法というか

進化系の手法では、基準通貨を

USD/JPY と EUR/GBP

…にして、関連する相関通貨を絞り

エントリーはその相関通貨のみにしました。

その初回という事で、基準通貨同士が

相関あると勘違いをしてしまい

 EUR/GBPが下目線なので
 USD/JPYはショート!

…ってやっちゃったの。

そしたら、この2通貨は逆相関傾向にある

通貨である事が分かりました。

又、レンジの真っただ中で入っているという事も

 方向性が分からない

…状態であるので、ほぼギャンブルエントリーに

近い事をやってしまいました。

(1時間足)

USD/JPYの1時間足ですが、上昇トレンドから

Wトップで高値が同じになり、以降切り下がった

タイミングから、下降トレンドへの転換しそうな

タイミングでのショートなので不安定なレンジであり

ショートを持つなら、前日高値のラインまで

引き付ける事が必要でした。

この時にポジションを5ヶも持ってしまい

結構な損切りとなりました。

 マイナス¥9,500

ホントに、勘違いの無駄エントリー…

 

●4/8(水)結果

本日は何とかプラ転したものの

USD/JPYの勘違いエントリーが痛すぎる…

恒例の無駄エントリーを排除したらどうなるか?

  プラス¥12,598

…ほしい、死ぬほどほしい。

でも、通貨の絞り込みはいい感じかも。

継続してみよっと。

 

●4月9日(木)

 EUR/JPY:MT4時間4/1(12:10)

(5分足)

基準通貨の監視により

EUR/JPYをショートするも

上抜けしたので損切り後に見事に

 下落…泣

…と同時にGBD/USDをロングで持っていました。

一時期、+30pipsまで行ってくれたのですが

その後、急降下にて微益にて利確…

 欲をかきすぎた

 微損で決済…

もったいないオバケだ~…ああああああぁぁぁぁぁぁ

基軸通貨の方向性と関連通貨の方向性の読みは

 ベスト

…だったのですが、度胸と利確の踏ん切りが

甘かったという結果でした。

 

●4月9日(木)

 GBP/USD:MT4時間4/9(14:20)

(5分足)

GBP/USDをロングをしました。

同時にGBP/JPYも同じ方向で入っております。

シンクロ性はバッチリの通貨ですので

収益2倍狙いです。

…がその後、急落によりドテンをして

結局…

 大損失…ぎゃあああああぁぁぁぁぁぁぁぁ

 マイナス¥11,155

このエントリーの反省点は

 エントリーを早まったこと
 方向性を見失いドテンで往復ビンタ

…を喰らった事にあります。

しかし、それ以上に重大なミスを犯して

おりました。

それは、基軸通貨の長期トレンドの読み違い。

その為、正解は…

 微益で15pips程度取れた所で決済
 十分に引き付けて追撃ロング

…でした。

 

●4月9日(木)の結果

 マイナス¥1,679

そして、恒例の間違い・無駄エントリーを

排除すると…

 プラス¥9,776

さらに、GBP/USDの最高潮での決済を

ためらわずにしていれば、プラス¥6,000

はあるので、本日は結構いきましたね。

今週はここまでで、無駄・間違いエントリーが

排除できていれば…

 プラス¥41,769

…って、ウハウハの結果だったのに…

はああぁぁぁぁぁぁ~…

 

●4月10日(金)

本日はイースター休暇により

相場が閑散としており、全く値動きが

ないので、止めました。

だって、このレンジだもん。

全然、動かいないし…

…と思って、平日飲まないので

楽しみにしている土日に晩酌を

金曜日に前倒しして始めました。

いい感じに、酔って…ふと

パソコンを閉じてない事を思い出し

パソコン部屋に入ると、チャートも閉じていなかったから

 見ちゃったの…

そしたら、今週のここまでの負け金額を

 取り戻さなきゃ…!!

…っていう感情が込み上げてきて

 入っちゃったの…
 そう、入ってはいけない
 参加者が非常に少なく
 ボラが非常にない相場に…

そして!、その結果がこれ…

 

や、やっちまった~…

しかも、入らないと決めた

ニューヨーク市場まで入りさらに

損失を拡大させてしまった。

飲酒して相場に入るなんてもっての他なのに

やっちまった…

 

●今週の結果

先週の結果がこちら…

そして、今週がこちら…

 マイナス¥38,471

2週間分の利益を吹っ飛ばしてしまいました。

しかも、ボラが無い相場だったので

証券会社の設定が通常と全く異なり

入った瞬間に、損失額が-2000円とかで

通常の10倍ぐらいなので、現在問い合わせを

しております。

しかし、そういったレンジでボラが少ない相場

には…

 絶対入っちゃダメ!!!

…という事が分かりました。

高い授業料になっちまったけど。

この損失額の初期設定値には納得いってない。

通常であれば、数pipsしか動いてないので

それぞれが、マイナス数百円程度の損失から

スタートするのに、いきなり-2000円からの

スタートだったのですよね。

意味分からないんだけど…

だって、入った瞬間に未実現損益が

こんな状態だもん。

ま、どういう回答が来るのか楽しみに

してますよ。

 

あ~あ、2歩進んだのに3歩下がるという…

また、初めからやり直そう…

 

ぽちっとしてもらえると元気でます。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA