唐津 全日本王者決定戦【優勝戦】

あんちゃんです

さ~唐津G1の全日本優勝決定戦は要注目ですね。

さらっと振り返り予想をしてみましたので

今後の予想の参考にしていただければ幸いです。

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

◆環境認識

まずは環境認識をしていきましょう。

基本は直前情報に注力します。

風速7Mは基本見送りしないとまともな

予想で当てる事は難しいですね。

しかも、前付けの展開が予想される状況です。

前付けになると、前付け艇の内側は深インになりますので

スタートの助走距離が取れませんので必然的に

起こしが難しくなります。

 ≫起こす

但し、救いは「追い風」という所でしょうか。

追い風はスロー勢に有利と言われております。

起こしに必要な助走不足を風力で補えるか?にかかってきますかね。

展示航走での進入は内から「1-2-4-6-3-5」になりました。

本番がこの通りであるかは?全く分かりませんが

重要な事は…

このレースは枠順通りの進入は無いかもしれない」という

見方をする必要があるという事です。

展示航走

次に展示航走を見ていきましょう。

見る所は・・・

・行き足

・進入コース

・・・のみです。

決してスタートの速さを見る事ではありません。

どうせ、選手たちは全員が本気でSTしてくる事は

ありませんのでスタートの速さを見ても何の参考にもなりません。

見るべき所は「行き足」ですのでご注意ください。

◆行き足とは?

STラインを超えた時点でフルスロットル状態になりますので

STラインからの伸びを言います。

◆展示タイム

次に展示タイムです。

 ≫展示タイム

展示タイムはバック側の直線タイムである事は

認識してくださいね。

1周タイムではありません。

直線の伸びを計測している様なものです。

本レースは1号艇が極端に悪いタイムである事が

分かります。

1号艇のタイムが「6.97」で最速が5号艇の「6.82」です。

その差は「0.15」あります。

ちょうど1艇身差になります。

◎豆知識

 タイム差「0.15」で1艇身差と覚えてしまいましょう

その為、展示タイムから言える事は

1号艇は差し負けるという事ですね。

接戦になると弱いという事が分かります。

◆レース予想

展示航走時の進入通りにマイ予想の

コース別ST画面に設定してみます。

そうするとダッシュ勢の大外「3号艇・5号艇」のSTが

早く、スロー勢のカベは5コース「6号艇」になりますが

カベが弱くなりそうなのが分かります。

これは風速は考慮しておりませんので

7Mもの強風ですと結果はブレると思われます。

追い風とは言え、強風の為、起こすタイミングが計りづらいとすると

スロー勢(劣勢)<ダッシュ勢(優勢)と見たい所です。

◆レース結果

それではレーススタートです。

進入はどうか?

スタート展示同様に4号艇・6号艇が前付けを慣行してきました。

起こしに自信ありと見ますが、この強風ですから

相当難しい事は事実であります。

どうなるのでしょうか。

 ≫スタート展示

さあ、スタートです

ダッシュ勢がスロー勢をSTで上回りました。

1周目1マークの攻防です。

あっという間に3号艇・5号艇が

スロー勢の4艇を飲み込んでいきます!

トップ争いは3号艇と5号艇の一騎打ちとなりましたが

5号艇が間を付いてまくり差しを慣行です!

1マークの立ち上がりです。

5号艇のまくり差しが炸裂しトップは5号艇での

現時点では「5-3」です。

3着争いは展示タイムの悪い1号艇の伸びは無く

2号艇と4号艇の一騎打ちの様です。

2マークの立ち上がりです。

2号艇が差し勝ちまして

「5-3-2」で決着でした。

◆まとめ

この様に前付けレースがあれば

ダッシュ勢を狙ってみるのも面白いかもしれません。

但し、基本は・・・

スタ展で枠順通りの進入にならなかった場合は見送る

という事が当選確率は上げる事は可能です。

それでは、みなさま、ごきげんよう(^^♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA